芸人

【画像】徳井義実の現在が老けすぎと話題!劣化の理由はストレスとメイク?

徳井義実の現在画像,2020年

チュートリアルの徳井義実さんが老けたと話題になっています。

東京国税局から約1億2000万円の申告漏れを指摘されたことを受け、2019年10月26日より活動休止をしていた徳井さん。

2020年2月24日から活動を復帰されたので、自粛期間は約4ヶ月。

そんなに長い期間ではありませんが、この期間に老け込んでしまったようです。

今回は、徳井義実さんの現在の姿について、昔との比較や劣化の理由を検証してみたいと思います!

徳井義実の現在が老けすぎと話題!

徳井義実の現在の姿がこちら

2020年2月24日現在の徳井義実さんの姿がこちらです。

徳井義実の現在画像,2020年

2020年2月現在の徳井さんの年齢は44歳。

一般の男性で考えると年相応なのかもしれませんが、元々のイケメン・ハンサムキャラを考えるとものすごい劣化に見えますね。

徳井義実の現在画像,2020年

頬もこけて、目の下にはくまが目立ちます。

徳井義実の現在画像,2020年

顔色も悪いです。

徳井義実の現在画像,2020年

髪も白髪が目立ってボサボサの状態です。

自粛期間4ヶ月の間に別人レベルに老けてしまっています。

徳井義実の現在にネットの声は

徳井義実さんの現在の姿についてのネットの声は以下の通り。

やはり「老けた」「劣化した」との声が圧倒的に多いです。

徳井義実の昔と今を比較

老けたと話題になっている徳井義実さん。

イケメン芸人として人気を集めていた昔の姿と現在の比較画像はこちらです。

徳井義実の昔の写真と現在の比較画像

若い頃は『よしもと男前ランキング』で3年連続1位を獲得して伝統入りを果たしたのも納得のイケメンっぷりですね。

徳井義実の昔の写真と現在の比較画像

歴代の芸人でもトップクラスのイケメンですが、現在はその面影も薄くなってしまったように見えますね。

続いて、復帰前の姿と現在の比較画像がこちら。

徳井義実の現在画像,2020年,復帰前の会見と比較

たった4ヶ月の間にかなり老けてしまったことが分かります。

復帰前の姿は、2019年10月23日に行われた謝罪会見の画像です。

4ヶ月前はまだまだイケメンで若々しい雰囲気がありますね。

人前に出るのをやめてしまうと見た目も大きく変わってしまうようです。

活動再開することで再び以前の見た目に戻すことができるのか、今後の姿にも注目したいですね!

徳井義実の劣化の理由はストレスとメイク?

自粛期間4ヶ月の間に大きく老け込んでしまった徳井義実さん。

ここでは劣化の理由を考えてみたいと思います。

徳井義実の劣化の理由①:ストレス

1つ目の理由として考えられるのが、ストレスです。

ネットでもストレスが原因で老けたのではないか、という声が上がっていました。

必要以上にメディアで叩かれたことで、心労となり、それが外見にも出てきてしまっているということですね。

ロンブーの田村亮さんも闇営業の謝罪会見の時に一気に老け込んだことが話題になりましたが、徳井さんも同じようにストレスで老けてしまった可能性は高そうです。

7年間で計約1億2000万円の申告漏れををしていたこと自体は、徳井さんに責任があります。

ただ、結局は漏れていた分の税金も全て納めている訳ですから、ワイドショーで犯罪者のように叩きまくるのは明らかにやりすぎでしたね。

徳井義実の劣化の理由②:老けメイク

2つ目の理由として考えられるのが、メイクです。

徳井義実の現在画像,2020年

2020年2月に行われた取材時の徳井さんの姿を見ると、明らかに復帰前とメイクやヘアセットが違うことが分かります。

徳井義実の現在画像,2020年

眉毛を見るとメイクをされているので、すっぴんで出ているわけではなさそうです。

そう考えると、あえて疲れて見えるようにがっつりメイクをしていなかった、ということも考えられます。

徳井義実の現在画像,2020年,復帰前の会見と比較

4ヶ月前と比べると、クマやくすみを隠すメイクは控えめにしているので、やつれが目立っています。

また、ヘアセットも白髪染め無し+ボサボサの状態で出てきているので疲れた感じが際立った見えます。

これは反省の色や疲弊している感じを出すための”あえて”の演出なのかもしれません。

逆に、復帰一発目からばっちりメイクでおしゃれしていたら「反省していない」と思われるかもしれません。

宮迫の謝罪動画

それなら、メイクもヘアセットもおしゃれは一切せずにありのままの状態で出てきた方が反省の気持ちも伝わりやすいのかもしれませんね。

何れにせよ、老けたことで徳井さんの心情を心配をする声も上がっていますから、老けたビジュアルの演出は正解だったと言えますね。