ジャニーズ

【頭いいジャニーズ】加藤シゲアキは中学受験で青学に進学したエリートだった!

加藤シゲアキの画像

NEWSのメンバーの加藤シゲアキさんは、情報番組でのレギュラー出演や小説家としての活動など「知的キャラ」を押し出した活動が目立ちます。

「頭がいいジャニーズ」として名前が上がることの多い加藤シゲアキさんですが、実際学歴はどうなのでしょうか?

今回は、NEWSの加藤シゲアキさんの学歴に関するお話や受験のエピソードを集めてみました!

スポンサーリンク

加藤シゲアキの出身校はどこ?

加藤シゲアキさんの出身校は、青山学院大学です。

小学校時代は神奈川県の横浜市日吉本町に暮らしており、小学1年生から塾に通い勉強をしていたそうです。

出身の小学校は不明ですが、中学からは青山学院に進学をされました。

加藤シゲアキの出身校

  • 青山学院中等部
  • 青山学院高等部
  • 青山学院大学(法学部)

中等部から内部進学で高校、大学と進学をされ、芸能活動と学業と両立してしっかり卒業をされました。

青学中での法学部は、国際政治経済学部、文学部(英米文)に次いでエリートが集まる学部と言われている、いわゆるヒエラルキーの上位学部です。

しかし加藤シゲアキさんは、大学内に友達が少なく、一人でご飯を食べることも多かったそうです。

umi
umi
大学時代はすでにNEWSとして活動していましたから、周りも近寄りがたかったのでしょうね…!
スポンサーリンク

芸能活動を休業して中学受験をしていた!

加藤シゲアキさんは、青山学院に進学するために中学受験を経験されています。

ここではジャニーズ事務所に所属しながら中学受験をした際のエピソードを紹介させていただきます。

ジャニーズJr.ではエリートだった

小学校1年生から塾で勉強漬けの日々を重ねた加藤シゲアキさんでしたが、小さい頃から芸能界に興味があったと言います。

中でも香取慎吾さんに憧れていたそうで、小学校4年生の時に母親がジャニーズ好きの友人に相談して履歴書を送ったそうです。

しかしなかなか結果が来ず、すっかり合否のことも忘れていました。

それから2年…小学6年生になった頃に自宅に連絡が来て、オーディションに合格したことを知らされました。

加藤シゲアキの小学校時代,卒アル画像(加藤シゲアキさんの小学校卒アル)

ジャニーズ事務所に入所した加藤シゲアキさんは、入所数ヶ月でドラマデビューするなど、Jr.のエリート街道を走り始めました。

そのルックスが評価され、本人曰く「歌もダンスもできないのにJr.内の立ち位置が良くなって仕事も入ってくる」状態だったそう(笑)

活動休止し中学受験へ専念

加藤シゲアキのJr.時代(Jr.時代の加藤シゲアキさん)

トントン拍子でスターダムにのし上がっていくかと思われた加藤シゲアキさんですが、この頃ちょうど中学受験の時期がやってきました。

  1. このまま芸能活動が順調とも限らない
  2. 小学校から塾に通った成果を捨てるのはもったいない

この2つの理由から、芸能活動を一時休業して中学受験に専念することを決めました。

事務所にはプッシュをしてもらえて人気も出ていた時期だけに、当然事務所にはいい顔をされなかったそうです。

umi
umi
同じJr.のライバルたちからしても生意気に思われたでしょうね…!

しかし、本人の意思は揺るがず受験に専念し、見事偏差値71の青山学院中等部に合格しました。

加藤シゲアキ中学受験時代画像

猛勉強の日々で、時には小学生ながら徹夜をする日もあったそう。

社長へ直談判し復帰へ

中学受験に成功した加藤シゲアキさんは、再び芸能活動を開始させようと事務所に連絡しました。

しかし、休業について事務所にはそれを良く思っていない人もいたため、社長のジャニー喜多川さんに話を取り次いでもらえなかったそうです。

半分クビのようなものです。

諦めきれない加藤さんは社長に直接電話し、直談判をされました。

すると、社長は復帰について理解を示してくれて、同じ境遇の先輩として当時慶應義塾大学に通っていた嵐の櫻井翔さんを紹介してくれたそうです。

そして無事に青山学院中等部に進み、事務所でレッスンを開始することができました。

スポンサーリンク

「頭がいい」という長所を活かした活動へ

中学受験を成功させ、高校、大学と内部進学をクリアして大学を卒業した加藤シゲアキさん。

高校1年生の時点でNEWSが結成されていますから、芸能活動と勉学の両立は簡単なものではなかったでしょう。

しかしながら、大学もしっかり卒業され、現在はその長所を活かした活動も増えてきています。

そこに辿りつくまでは、苦悩の日々を過ごされていたようです。

復帰後「3年B組金八先生」に大抜擢

中学受験後、芸能活動を復活させた加藤シゲアキさん。

14歳の頃に「3年B組金八先生」の生徒役に大抜擢されました。

金八先生といえば、初期から若手ジャニーズが多く出演し、出世前の登竜門的存在の作品でした。

加藤シゲアキさんは、2001年9年から2002年3月に放送された第7シリーズで長谷川賢(ハセケン)役として出演。

加藤シゲアキの金八先生時代画像クラスの爽やかイケメンポジションでしたね〜

この役で、一気に知名度が全国区となりました。

NEWSのメンバーに

Jr.内で着実に経験を積んだ加藤シゲアキさんは、NEWSのメンバーに選ばれました。

2003年にメジャーデビューを果たし、大きな旋風を巻き起こしました。

NEWS初期メンバーデビューした時の加藤シゲアキさんは高校1年生

青山学院高等部に通いながら、忙しい日々を送っていました。

NEWS加藤シゲアキの高校生時代の画像

自分の強みを活かして小説家の道へ

NEWSがブレイクし、忙しい日々を送っていた加藤シゲアキさん。

ですが、同時に自分個人としての強みがないことに思い悩んでいました。

グループでは存在感が薄く、仕事のオファーに名乗りを上げても事務所関係者に「加藤はいいや」と言われてしまうこともあったそう。

NEWS自分の仕事がなくなることに危機感を抱き、情緒不安定になるほど追い詰められていきました。

そんな時に、NEWSの休業やメンバーの脱退など様々なハプニングが立て続けに起こりました。

しかし加藤さんはこの時間で改めて自分と向き合い、強みを考えてみたそうです。

そこで出てきたのが「小説家」という道。

「書くことだったら、ジャニーズの誰よりもやってきた」と事務所に自身の意志を告げて、小説家デビューが決まったのです。

グループの危機があったおかげで、自分を強みを改めて考えることができた。不幸中の幸いといったところでしょう。

今では自身の頭のよさを活かして、小説家、キャスター、とマルチに活躍をされています。

他のジャニーズタレント誰にも真似できない道を、今後も歩み続けて欲しいですね!

加藤シゲアキの画像

加藤シゲアキの高学歴エピソードまとめ

NEWSの加藤シゲアキさんの中学受験や学生時代のエピソードを紹介させていただきました。

小学校1年生から塾に通ったり、中学受験のために芸能活動を休止したりというエピソードを見ると、ご両親がすごく真面目でしっかりされている方なのだと分かります。

デビュー後も進学、大学卒業をされていて、ご本人の努力も素晴らしいものがあったことが伝わってきました。

現在は頭の良さを活かして小説家やキャスターとして活動されていますから、今後40代、50代になっても一番安定したポジションを築けるかもしれませんね!

スポンサーリンク