国内ニュース

プリウスミサイルの原因はシフトレバーが分かりにくいこと?高齢者に不向きか

プリウスミサイル,画像

近年急激に増えている老人の自動車事故。

そして、その事故で使用されていた自動車の多くがプリウスということが話題になっています。

最近はプリウスでの自動車事故が相次いだことから「プリウスミサイル」という言葉まで誕生しています。

なぜプリウスでの自動車事故が多いのでしょうか?

そこで今回は、恐ろしいプリウスミサイルが起きてしまう原因を調査してみたいと思います。

https://honne-channel.com/fukuoka-prius/

スポンサーリンク

「プリウスミサイル」という言葉が誕生

近年急激に増えている老人の自動車事故。

その中でも目立っているのが、プリウスです。

2019年4月19日に池袋の交差点で男女12名が死傷した暴走事故、
2019年5月15日に千葉県市原市の公園に車が突っ込み保育士が怪我をした事故。

などなど、2016年以降にプリウスを使用しての暴走事故は10件以上報道されています。

相次ぐ悲惨な事故により、ネットでは「プリウスミサイル」という言葉が誕生しました。

高齢者ドライバー+プリウスというのが恐怖のコンボになっています。

しかしながら、ここまで同じ車種での事故が多いというのは何らかの問題があるのではないかと思えてきてしまいますね。

プリウスを見たらブレーキに足を置け,画像

原因はシフトレバーが分かりにくいこと?

プリウスミサイルの原因の一つと考えられるのは、シフトレバーが分かりにくいことだと考えられます。

高齢者ドライバーの事故の原因は「アクセルとブレーキを踏み間違えた」が常套句のようになっています。

しかし、プリウスの場合はそれ以前にシフトレバーが非常に分かりづらいという特徴があります。

確かに、よく言えばコンパクト、悪く言えば分かりづらいですね。

また、Twitterでは古いマニュアル車に慣れているドライバーに考えられる操作ミスについてのツイートも出てきています。

マニュアル車に慣れている運転手は、リバースするつもりが直進に入れてしまう可能性があるということですね。

視界が悪い?

プリウスに乗ってみると分かるのが、視界の悪さです。

後方が特に見えづらく、バック駐車は若い人でも怖さがあります。

ただでさえ高齢者は視界が狭くなりがちですから、これも一つの原因となっているかもしれません。

スポンサーリンク

アクセルが戻らない?

池袋のプリウス暴走事故では、犯人男性から「アクセルが戻らず減速ができなくなった」という証言が出ていました。

これについては、過去に同様の事例が複数確認されています。

原因は非正規のフロアマットを使ったり、間違った使い方をしていることでマットがアクセルに引っかかって戻らなくなったということがあるみたいです。

umi
umi
これはプリウスに限らず起こりうることなので、マットを使っているドライバーは十分注意したいですね。

一番は運転手の確認不足

業界関係者や世間での信頼はガタ落ち状態のプリウスですが、一番の原因は運転者の確認不足です。

メーターを見ればシフト状態も確認できますし、アクセルとブレーキだって落ち着いて運転すれば間違えることはありません。

umi
umi
アクセルとブレーキを間違える人は車なんか運転しちゃいけないですよね。

免許を取るときの最初で習いますが、自動車は人にぶつかれば簡単に命を奪うことができてします鉄の塊です。

高齢者だけでなく「自分は大丈夫」とは思わず、慎重に運転をしてほしいものです。

スポンサーリンク

高齢者には不向きな自動車という声も

安心できるデザインと経済的な走りで高齢者に人気のプリウス。

しかし、これだけ事故が続くと「プリウスは高齢者には不向きな車なのではないか」という声が急増しています。

見た目こそトヨタらしいデザインで若者よりも高齢者向けに見えるプリウスですが、シフトレバーが分かりづらいという点では従来のマニュアル車に慣れている高齢者ドライバーには不向きな車だと考えられます。

また急発進がしやすく加速性もあるため、アクセルとブレーキの踏み間違えで一気に速度が出るのも怖いところです。

ただ、これは高齢者に不向きなのが事故の原因なのか、高齢者のプリウス所有率が高いために目立ってしまうのかというラインも難しいところです。

事故を起こしているのは数多くいるプリウスユーザーのほんの一握りです。

小さな操作で一気に加速ができたりシフトレバーが分かりづらいというのは一つ小さな原因にはなっているかもしれませんが、やはり一番は確認不足や操作ミスです。

プリウスに乗って事故を起こした方々は、おそらく他の車に乗っていたとしても事故を起こしていたと思います。

トヨタは分かりやすい操作への改良をする必要がありますが、
それよりもドライバーの意識や高齢者の免許の扱いについての見直しの方が重要と言えるでしょう。

老人,車,画像

まとめ

プリウス乗りの高齢者ドライバーの事故が多発していたため誕生した「プリウスミサイル」という言葉。

プリウスは他の車と比べると、

  • シフトレバーが分かりづらい
  • 急発進がしやすい
  • 加速性がある
  • 後方が見えづらい

などといった特徴が上げられます。

燃費も良くて音も静かで魅力が多い自動車ですが、高齢者が運転するには危険な要素が多いのかもしれません。

ただ、高齢者の事故=プリウスのせいではありませんから、高齢者ドライバーの取り締まりや再講習強化など事故を未然に防ぐ対策を進めてほしいものです。

スポンサーリンク