国内ニュース

日本のマスク売り切れはいつまで続く?品薄が解消する入荷時期を予想してみた

新型コロナウイルスの影響により、日本各地でマスクが売り切れ状態となっています。

花粉症のシーズンもすぐそこに迫り、この売り切れ状態がいつまで続くのか気になる方も多いことかと思います。

今回は、日本国内でのマスク売り切れ・品薄状態は一体いつまで続くのか、入荷時期や解消見込みの情報をまとめてお届けしていきます。

スポンサーリンク

日本各地でマスクが売り切れに

マスク売り切れ画像

2019年12月に中国で発生したコロナウイルス。

日本国内でも感染が拡大している影響で、マスクが品薄の状態が続いています。

ドラッグストアやコンビニ、スーパーではどの商品も売り切れとなる一方で、ネット上では高額での商品出品が相次いでいます。

花粉症のシーズンもすぐそこに迫っているため、マスクを本当に使いたい人に商品が行き渡るように1日でも早く品薄が解消されてほしいですね。

スポンサーリンク

マスク品薄はいつまで続く?

2020年1月中旬頃から、マスクの売り切れ状態が続いています。

品薄解消の目処はいつごろになるのでしょうか?

マスクの品薄解消について、対応策品質解消の目処についての各社の回答を見てみましょう。

大手マスクメーカー

大手マスクメーカーのユニ・チャームの回答は以下の通りです。

対応策
  • 工場は24時間態勢で増産
  • 2月もフル生産予定

品質解消の目処

新型コロナウイルスの状況によるので、現時点では予測できない。

販売メーカーは消費者からも一番連絡が来るところなためか、無難な回答ですね。

大手生活用品メーカー

大手生活用品メーカーのアイリスオーヤマの回答は以下の通りです。

対応策
  • 中国の2工場で24時間態勢で増産
  • 取材時1週前の出荷量は新型肺炎発生前の5倍

品質解消の目処

日々入荷状況が変化しているため、供給が安定する時期は分からない。

供給できるよう生産ラインの稼働を続ける。

マスクの業界団体

マスクの業界団体である日本衛生材料工業連合会の回答は以下の通りです。

対応策
  • 年始時点での国内在庫量は約10億枚
  • 1月中旬以降の約2週間ですべて出荷

品質解消の目処

予測するのは難しいが、大量購入などが収まって2月中に品薄状態が解消されれば…

【最新】マスク品薄解消は2月3週目?

2020年2月12日、菅義偉官房長官がマスク品薄についてコメントを発表しました。

できるだけ早く品切れが緩和されるよう、官民連携して取り組んでいきたいと思います。

考えていますのは(増産態勢が整うのは)来週以降ということであります。

国内で販売されているマスクは中国からの輸入に頼っているため、これまで品薄状態が続いていました。

そのため、政府は1月28日に国内メーカーへ増産を強く要請。

24時間生産などの態勢強化で、週に1億枚以上を供給できる見通しができたとのことです。

早ければ2月3週目には各地で品薄状態が解消される見込みです。

まとめ:あとは消費者次第!

マスクメーカー等の回答を見る限り、マスクの品薄はまだまだ続くと思われます。

ただ、日本衛生材料工業連合会からは2月中の解消を目指しており、菅官房長官も2月3週目には解消とのコメントを出しています。

そうなると、あとは予想外の大量買い占め・転売があるかどうかですね。

いくらメーカー側が供給量を増やしても、それを買い占める人が減らなければ一般の消費者に商品は行き渡りません。

順調にいけば2月以内(後半頃?)、買い占めが続けば3月、4月まで品薄が続くかもしれません。

解消は消費者次第ですので、必要以上の買い占めはせずに、多くの人にマスクが行き渡る買い方をしていきましょう!

スポンサーリンク