著名人

岩田健太郎の経歴&学歴まとめ!出身高校や神戸大学での活動、年収を調査してみた

新型コロナウイルスに関する告発動画が話題になっている岩田健太郎医師

クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス号」のに乗船した後、感染症対策の専門的な処置が取られていないなどと船内の対応を批判する動画をインターネットに投稿しました。

その後動画は削除されましたが、未だネットでは賛否の声が上がり続けています。

そこで今回は、岩田健太郎医師がどんな人物なのか、経歴や学歴、年収に関する情報をお届けしていきたいと思います!

高山義浩の顔画像
高山義浩医師の経歴&学歴まとめ!プロフィールや岩田健太郎との関係も調査してみた岩田健太郎医師がダイヤモンド・プリンセス号の船内の対応を批判する動画をインターネットに投稿し話題になっています。 同時に、その動画...

岩田健太郎のプロフィール

岩田健太郎の顔画像,医師
  • 名前:岩田健太郎(いわた・けんたろう)
  • 生年月日:1971年?月?日
  • 年齢:49歳(2020年時点)
  • 出身地:島根県
  • 職業:医師

現在の肩書きは、

  • 神戸大学大学院医学研究科教授
  • 神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長

となっています。

プライベートでは結婚しており、娘さんがいらっしゃいます。

岩田健太郎の学歴&学歴

岩田健太郎の学歴

岩田健太郎医師の出身校は以下の通りです。

  • 出身小学校:?
  • 出身中学校:?
  • 出身高校:島根県立松江南高等学校(偏差値53-61)
  • 出身大学: 島根医科大学(偏差値65)

島根医科大学は現・島根大学医学部です。

さすが、高校も大学も偏差値は高めですね。

自身のブログでは、高校時代についてこう振り返っています。

私は島根県松江市に3つある進学校の1つに通っていたのですが、あの頃はまさに受験戦争と呼べるほど偏差値至上主義で、「今回の模試の平均点は市内の他校より良かった」「今回は他校より悪かった」とやっているのを見て、僕ははっきり言って「くだらないな、バカじゃないかこの人たちは」とずっと思っていました

「人口10万人程度の田舎町で平均点を競い合って何になるのか」と。

その頃から細かいことを気にすることが卑しいことであるかのように思っていました。

そういう細かな違いを執拗に気にする人は、怒りや劣等感、劣等感の裏返しの優越感などを内包させていることが多い。

この種の卑しさはさまざまな場所にあふれていて、医療界でもありとあらゆる場面にあって、出身大学の偏差値、開業医と勤務医、博士号の有無など、そういうどうでもいいことで「ああだこうだ」と言っているんです。

(引用:日々

この後当時を「若気の至り」と語っていますが、昔から正義感の強い性格だったことが分かりますね。

umi
umi
出身小学校、中学校に関する情報をお持ちの方は、こちらまで情報提供をお願い致します!

岩田健太郎の経歴

岩田健太郎医師の主な経歴は以下の通りです。

  • 1997年:島根医科大学卒業
  • 1997年:沖縄県立中部病院(研修医)
  • 1998年:コロンビア大学セントルークス・ルーズベルト病院内科(研修医)
  • 2001年:アメリカ内科専門医、ニューヨーク市ベス・イスラエル病院感染症(フェロー)
  • 2003年:北京インターナショナルSOSクリニック(家庭医、内科医、感染症科医)
  • 2004年:亀田総合病院で感染症科の立ち上げに携わる(感染症内科部長、総合診療感染症科部長歴任)
  • 2008年〜現在:神戸大学大学院医学研究科(微生物感染症学講座感染治療学分野教授)、神戸大学都市安全研究センター感染症(リスク・コミュニケーション研究分野教授)、神戸大学医学部附属病院感染症内科(診療科長・国際診療部長)

研修時代の沖縄県立中部病院には当時では珍しい「感染症科」があり、そこで感染症科の基本を学んだそうです。

感染症科に進んだ理由については、こう語っています。

感染症科を選んだのは巡りあわせもありましたが、もともと思っていた「世界に通用する人間」という観点にはフィットしたものでした。

なぜなら、田舎でも都会でも、西洋でも東洋でも、感染症が存在しない所はありません。

僕は診療所から大規模病院までいろいろな所で仕事をしましたが、どこに行っても役立つことができたという自負があります。

感染症科は非常にユニバーサルな仕事だなと感じます。

(引用:DOCTORASE

アフリカのエボラ出血熱や中国のSARSにも現場入りするなど「ユニバーサルな仕事」を体現してきた岩田健太郎医師。

現在では感染症診療の第一人者としてご活躍されていますが、大学卒業後はこんな状態だったそうです。

最近まで、医師になったら医局に入るというのは当たり前でした。

大学の同期卒業生で、僕のように医局に入らなかったのは2人でしたし、当時はさんざん非難され、馬鹿にもされました。

「一生後悔するぞ」と脅かされもしました。

(引用:DOCTORASE

今の時代は医局に入らないという道も選びやすくなっていますが、当時は異端な存在だったようです。

岩田健太郎の年収は

岩田健太郎さんの年収はどのくらいなのでしょうか?

岩田健太郎さん現在の肩書きは、

  • 神戸大学大学院医学研究科教授
  • 神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長

となっています。

医師転職ドットコムによると、

国立大学の場合、医学部の教授も文学部の教授も給料は全国同じです。

40代の国立大医学部教授は年収820~950万円程度とされており、大学病院の教授以外の医師の給料はそれ以下です。

国立病院の研修医後の医師の給料は経験年数によって異なりますが、600~1200万円程度です。

医師+教授の収入を合わせると年収2100万円程度

岩田健太郎さんは40冊以上の著書や講演の登壇などもされていますので、これ以上と考えられますね。