生活

2019年の暑さはいつまで続く?ピークの気温予想や原因・対策を解説!

暑さの画像

2019年も梅雨が明けて夏本番となりました。

この暑さがいつまで続くのかが気になる方も多いかと思います。

そこで今回は、2019年の夏の暑さはいつまで続くのか現在分かっている予想を紹介させていただきます。

お盆の画像
2019年のお盆休み期間はいつからいつまで?最大9連休の会社も!?全国各地で梅雨明けが発表され、厳しい暑さが到来しています。 8月になればお盆休みがありますね。 お盆の時期になると「今年のお...
渋滞の画像
2019年お盆の渋滞ピーク予想!帰省ラッシュはいつから?上りのUターンを予測!8月のお盆休みを利用して、旅行へ行ったり帰省される方は多いと思います。 ただ、お盆休みは帰省ラッシュで各地の高速道路渋滞が発生しま...
スポンサーリンク

2019年の気温予想!ピークはいつ?

まずは気象庁から発表されたデータなどをもとに、今後の天気や気温の予想をまとめてみました。

楽天で暑さ対策グッズを探す

2019年の天気予想

まずは天気の予想から。

8月
北日本:数日の周期で変わる
東日本:平年と同様に晴れの日が多い
西日本:平年と同様に晴れの日が多い
沖縄・奄美:平年と同様に晴れの日が多い

9月
北日本:数日の周期で変わる
東日本:数日の周期で変わる
西日本日本海側:数日の周期で変わる
西日本太平洋側:平年と同様に晴れの日が多い
沖縄・奄美:平年に比べ晴れの日が多い

10月
北日本日本海側:数日の周期で変わる
北日本太平洋側:数日の周期で変わる、平年と同様に晴れの日が多い
東日本:数日の周期で変わる
西日本:数日の周期で変わる、平年と同様に晴れの日が多い
沖縄・奄美:数日の周期で変わる、平年と同様に晴れの日が多い

基本的には平年同様に晴れの日が多いということですね。

2019年の気温予想

続いては、気温の予想です。

8月
北日本:平年並または高い確率ともに40%
東日本:平年並または高い確率ともに40%
西日本:平年並または高い確率ともに40%
沖縄・奄美:高い確率50%

9月
北日本:高い確率50%
東日本:平年並または高い確率ともに40%
西日本:平年並または高い確率ともに40%
沖縄・奄美:高い確率50%

10月
北日本:平年並または高い確率ともに40%
東日本:平年並または高い確率ともに40%
西日本:平年並または高い確率ともに40%
沖縄・奄美:高い確率50%

少し分かりづらいですが、平年並み〜平年よりも高いという予想になっています。

暑さのピークはいつごろ?

2019年の夏の暑さは平年並み〜平年よりも高いという予想です。

気になる暑さのピークは、

平年のデータで特に暑さの厳しい時期は、

  1. 7月末〜8月上旬
  2. 8月末〜9月上旬

この2回とされています。

2019年もこの2回がピークとなる見通しです。

スポンサーリンク

2019年の暑さはいつまで続く?

2019年の暑さはいつまで続くのでしょうか?

東京でいうと、平年並みのデータでは暑い時期は6月27日から9月18日までの2.7か月続くとされています。

この期間での1日平均の最高気温は26°Cを超えています。

1年の最も暑い日は8月9日で、平均最高気温は31°C、最低気温は25°Cとされています。

今年もだいたい平年と同じくらいと見られていますので、暑さが続くのは9月中旬まで、長くても9月末頃まででしょう。

梅雨明け後は平年並の暑さと厳しい暑さの時期が交互に訪れるとされていますので、7月下旬~9月までは厳しい暑さが続く見通しです。

楽天で暑さ対策グッズを探す

2019年の夏の暑さの原因は?

2019年は5月頃から厳しい暑さとなっていますが、7月上旬頃は平年よりも気温がかなり低めで「冷夏」とも言われていました。

これまで「冷夏」と言われていた原因は、エルニーニョ現象にあります。

エルニーニョ現象とは…

南米ペルー沖の海面水温が平年より高くなる現象のこと。

その影響で太平洋高気圧の日本付近への張り出しが弱まり、夏は日照時間が少なく、気温が低くなりやすくなります。

現在地球全体では、気温が高い状態ではありますが、エルニーニョ現象が発生しているときには日本は夏は涼しく、冬は暖かくなる傾向があります。

この現象が原因で、2014年は全国的に冷夏、2015年は西日本を中心に冷夏となったことがあります。

2019年も、昨年秋からエルニーニョ現象が観測されていたので冷夏が予想されていたのですが、2019年7月10日に発表された気象庁のエルニーニョ監視速報では

6月の実況:エルニーニョ現象が終息したとみられる

との記述がありました。

実際に7月中旬の梅雨明けから厳しい暑さが到来しました。

昨年のようなひどい猛暑にはならないと予想されていますが、エルニーニョ現象が終息したことから極端な冷夏ということもなさそう。

飛び抜けて低いことも高いこともない、平年並みな暑さになりそうです。

楽天で冷感グッズを探す

スポンサーリンク

2019年の暑さへの対策

平年並みとはいえ、30度を超える厳しい暑さがこれから始まります。

暑さ対策としてできることを紹介させていただきます。

エアコンと扇風機の使用

エアコンを使用する際には、扇風機を併用することでその効果があがります。

基本的に冷たい空気は下へたまりやすいため、エアコンのみの使用だと部屋の上の方は暑く、下の方は冷たいという状態になりやすいです。

エアコンだけを使った場合の部屋の空気の循環

エアコンが設置してある上の方の空気が暑いと、エアコンは必要以上に部屋を冷やそうと過度に動くことになってしまいます。

そこで、扇風機を使うことで部屋の空気の循環に大きな効果があります。

エアコンだけを使った場合の部屋の空気の循環

扇風機をエアコンの風上に起き、壁側に向けて、頭を上向けにして扇風機の空気を送ります。

すると、扇風機の風の影響でエアコンの風が部屋の中を循環することができて部屋の温度が均整化されるのです。

部屋に気流が生まれることで、体感温度も下がり、エアコンが余計な稼働をしなくて済むため電気代の節約にもなります。

umi
umi
扇風機でなくサーキュレーターを使うのもアリですね!

楽天でサーキュレーターを探す

打ち水をして気化熱を利用

日照りが強い時は、打ち水をすると温度が探す効果があります。

打ち水をすることにより水が蒸発する際に気化熱が発生しますので、周囲の温度を下げることができます。

水が蒸発する際に打ち水をした場所の気圧が上がるため、そこに空気が流れることで風が生まれる効果も期待できます。

また、水が地表にある状態にすることで地面の気温が上がりにくくなり、濡れた地面上を通る風も冷やされます。

ハンディホースなどでベランダや窓の周辺に打ち水をするのはお手軽な方法だと思います!

楽天でハンディホースを探す

太い血管が通っている場所を冷やす

体を冷やす時のコツは、太い血管が通っている場所を冷やすことです。

保冷剤や冷やしたタオルを使うときには、

  1. 脇の下
  2. 手首
  3. 足首
  4. 足の付け根

この辺りを冷やすと体の熱を早く下げることができます。

屋外では5箇所全てを冷やすことは難しいですが、首にネッククーラーを巻くなどの工夫ができると良いでしょう。

楽天で首を冷やすグッズを探す

体を冷やす食べ物を摂取する

体を冷やす効果のある食べ物を摂取することで、体を中からクールダウンさせることができます。

ここでは、体を冷やす効果のある食べ物を種類ごとに紹介させていただきます。

穀類・豆類:小麦、はと麦、豆腐、緑豆もやしなど

野菜:トマト、きゅうり、なす、セロリ、ゴーヤ、ほうれん草、ピーマン、枝豆、にんにく、トウガンなど

果物:スイカ、梨、りんご、ゆず、レモン、バナナ、みかん、メロン、パイナップル、グレープフルーツ、キウイ、バナナ、マンゴー、パパイヤなど

きのこ:なめこ、しめじ、黒きくらげなど

肉:ハム、ベーコン、ソーセージ、鯨肉、馬肉など

魚介:うなぎ、うに、かに、あさり、しじみなど

調味類:カレー粉、わさび、化学調味料、オイスターソース、白砂糖、ザラメ、合成酢、バター、マヨネーズ、クリームなど

飲料:コーヒー、緑茶、牛乳など

umi
umi
食べ過ぎには注意して上手に摂取しましょう!

2019年の暑さまとめ

2019年の暑さに関する話題をお届けしました。

暑さのピークや暑さが続く期間については平年通りと予想されています。

エルニーニョ現象が収束したことにより、冷夏の可能性はなくなりましたので、今年も暑〜い夏が続く模様です。

暑さ対策を上手にしながらこの夏を乗り越えていきましょう!

スポンサーリンク