アイドル

【卒業と脱退の違い】平手友梨奈はなぜ脱退?理由や他メンバーとの違いとは

欅坂46から脱退することを発表した平手友梨奈さん。

同日には織田奈那さんと鈴本美愉さんが「卒業」を発表されましたが、平手友梨奈さんにだけ「脱退」という言葉が使われており、ファンからは疑問の声が上がっています。

そこで今回は、アイドルの卒業と脱退の違い、平手友梨奈さんがなぜ脱退になったのかなどをまとめて解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

平手友梨奈だけが「脱退」

2020年1月23日、欅坂46は公式サイトを通じてメンバーの卒業と脱退を発表しました。

コメント全文は以下の通り。

欅坂46のメンバーとして活動してまいりました織田奈那、鈴本美愉はこの発表をもちましてグループを卒業、平手友梨奈はグループを脱退致します。

在籍中はたくさんの応援をいただきありがとうございました。

また、佐藤詩織は本人からの申し出により活動を一時休止致します。活動再開の目途が立ちましたら改めてご案内致します。

Seed & Flower合同会社

(引用:欅坂46オフィシャルサイト

織田奈那さん、鈴本美愉さんは「卒業」で、平手友梨奈さんだけが「脱退」。

違う時期に発表された言葉ならばそれほど気になりませんが、同じ文章内で使い分けをされているのを見るのは何やら意味ありげですね。

スポンサーリンク

卒業と脱退の違いとは?

一般的に、卒業と脱退にはどんな違いがあるのでしょうか?

辞書でみた卒業と脱退の違い

まず、辞書で卒業と脱退の違いを見てみましょう。

●脱退とは

属している組織から抜けること。

●卒業とは

その学校の全課程を学び終えること。

ある段階や時期を通り過ぎること。

卒業はその組織の決まりであったり双方の合意のもとで行われて終了することと言えます。

対して、脱退は決まっている期間を満たす前に本人の意思でその組織から抜けること、もしくは何らかの問題で会社側からクビにされることと言えるでしょう。

会社で表すならば、卒業は定年退職で脱退は中途退社と言ったところですね。

アイドルの卒業と脱退の違い

過去のアイドルの卒業や脱退を見てみましょう。

●卒業したアイドル

前田敦子、大島優子、指原莉乃、白石麻衣、有安杏果など

●脱退したアイドル

山口真帆、増田有華、早見あかり、錦戸亮、渋谷すばる、山口達也、田口淳之介など

アイドルの例を見ると、脱退している時の条件としては以下の2パターンがあげられると思います。

  1. 本人がグループを抜けたいと言った
  2. 何らかの事情で会社側から脱退を宣告された

アイドルは所属事務所やグループとの契約の上で活動が成り立っているので、スキャンダルや犯罪等の問題行動があると脱退させられる(=クビになる)ことがあります。

本人がグループを抜けたいと言ったパターンについては、卒業とは大差がないように見えます。

ということは、契約期間だったり事務所との折り合いが分岐点になってそうです。

事務所と円満に話し合いが進んだ場合は「卒業」と言った表現を使ってもらえるのかもしれませんね。

平手友梨奈が「脱退」表記となった理由

ここまでを整理すると、平手友梨奈さんが脱退表記となった理由には、

  1. 会社側が望んでいる期間よりも前に本人がグループを抜けたいと言った
  2. 何らかの事情で会社側から脱退を宣告された

このどちらかが考えられると言えます。

では、グループ内での平手友梨奈さんの立ち位置などから脱退理由等を考察していきたいと思います。

平手友梨奈は特別だった

まず、平手友梨奈さんが自分から脱退を申し出た可能性から考えてみましょう。

平手友梨奈さんと言えば、誰もが認める欅坂46のフロントマンですよね。

ファン以外では「欅坂は平手しかしらない」なんて声もよく聞くほど、グループ内で唯一と言っていいほど知名度が高く、欅坂46の看板を背負って立つ存在です。

平手友梨奈の顔画像

それはパフォーマンスを見ても明らかで、平手友梨奈さんはシングル曲のすべてでセンターポジションを務め、メディア等でも圧倒的な露出度を誇っています。

他のもメンバーから見ても1人にだけスポットが当たるのは当然面白くないでしょうし、本人もそんな圧を感じながらプレッシャーと日々戦っていたことでしょう。

2017年頃からは表情も暗くなり「病んでる」「やる気がない」と言われることも増えていきました。

平手友梨奈さんがもし自分からグループを抜けたいと申し出ていたのだとしたら、グループを背負って立つ重圧に耐えられなくなってしまったのかもしれませんね。

平手友梨奈は運営側と上手くいっていなかった?

平手友梨奈さんの脱退を発表したのは、運営です。

明らかな言葉の使い分けを見ると、運営側が平手友梨奈さんと上手くいっていなかったことが考えられますね。

平手友梨奈さんは明らかに病んでいてもセンターポジションに立ち続けていましたが、そんな現状にファンからは「運営側は平手さんのケアをしてあげていないのか?」と疑問の声が上がっていました。

平手友梨奈の紅白運ばれ画像

それにより、今回の脱退についてもこんなツイートが多く見受けられました。

運営が追い詰めた結果、ということですね。

運営側から戦力外通告をされた可能性もゼロではありませんが、現在の知名度や売り上げへの影響を考えるとクビにすることはないはずです。

そうなると考えられるのは、

本人が脱退意思を表明したけれど、運営の合意がとれずに「脱退」扱いになった

ということですよね。

平手さんが限界を迎えて脱退意思を表明したけれど運営側が反対した、もしくは運営からの指示に納得できない平手さんが脱退の道を選んだ、などの理由が考えられます。

平手友梨奈の脱退は想定外だった?

平手友梨奈さんの脱退はおそらくこの2019年11月〜12月頃に決まったものと考えられます。

その理由としては、欅坂46の9thシングルがあります。

欅坂46の9thシングルは、2019年9月8日に選抜メンバーが発表されていたのですが、そこで発表されたメンバーには平手友梨奈さんの名前がありました。

発売日は2019年末頃とされていましたが、2019年12月8日に発売延期が発表されました。

おそらく、この頃に平手友梨奈さんの脱退が決まり、フォーメーションやMV、ジャケットなどが作り直しになったと考えられます。

端っこのメンバーならまだしも、センターでMVでも映る時間が長い平手友梨奈さんが脱退するとなると全てが作り直しになるはずです。

この動きを考えると、

  • 平手さんが9thシングル発売前に脱退意思表明
  • シングル発売前なので運営が止めるが意思は揺るがず
  • MV・ジャケット等撮り直し、フォーメーション組み直しのため運営激怒→脱退表記へ

なんて流れもありえますよね。

真実は本人と運営のみが知ることとなりますが、円満卒業ではないことは確かでしょう。

スポンサーリンク