生活

【2019〜2020】寒さはいつからいつまで続く?ピーク時期や気温予想を紹介!

寒い雪の画像

2019年も寒さが厳しくなってきましたね。

一番気になるのは「今年の冬は寒いのか?」というところですね。

また、本格的な寒さがいつから始まっていつまで続くのかも気になります。

そこで今回は、2019〜2020年の冬の暑さはいつまで続くのか現在分かっている予想を紹介させていただきます。

楽天で寒さ対策グッズを探す

スポンサーリンク

2019〜2020年の気温予想!寒さのピークはいつ?

まずは、気象庁から発表されたデータなどをもとに、今後3ヶ月先の天気や気温の予想をまとめてみました。

楽天で寒さ対策グッズを探す

2019〜2020年の天気予想

まずは天気の予想から。

●11月

  • 北日本日本海側:平年と同様に曇りや雨または雪の日が多い
  • 東・西日本日本海側:平年と同様に曇りや雨の日が多い
  • 北・東・西日本太平洋側:平年と同様に晴れの日が多い
  • 沖縄・奄美:天気は数日の周期で変わり、期間の後半は平年と同様に曇りや雨の日が多い

●12月

  • 北日本日本海側:平年に比べ曇りや雪または雨の日が少ない
  • 東日本日本海側:平年に比べ曇りや雨または雪の日が少ない
  • 西日本日本海側:平年と同様に曇りや雨または雪の日が多い
  • 北・東・西日本太平洋側:平年と同様に晴れの日が多い
  • 沖縄・奄美:平年と同様に曇りや雨の日が多い

●1月

  • 北日本日本海側:平年に比べ曇りや雪の日が少ない
  • 東・西日本日本海側:平年に比べ曇りや雪または雨の日が少ない
  • 北・東・西日本太平洋側:平年と同様に晴れの日が多い
  • 沖縄・奄美:平年と同様に曇りや雨の日が多い

全国的に11月は曇りや雨の日が多め、12月・1月は曇りや雨の日が少なめとなる予報です。

スポンサーリンク

2019〜2020年の降水量予想

続いては、降水量の予想です。

2019年〜2020年冬の降水量画像2019年〜2020年冬の降水量画像(引用:https://tenki.jp/long/three_month/)

北日本・東日本の一部では、平年並みか平年よりも降水量が低い見込みです。

2019〜2020年の気温予想

続いては、気温の予想です。

2019年〜2020年冬の気温画像(引用:https://tenki.jp/long/three_month/)

気温は全国的に平年並み・平年よりも高めな傾向です。

2019年10月の気温も全国14都市で平年を下回ったところはありませんでしたから、今後も平年よりも高い気温で推移すると見られています。

寒さのピーク時期はいつごろ?

2019〜2020年の冬の気温は平年並み〜平年より高いという予想です。

ということで、平年のデータから寒さのピークを予想していきたいと思います。

こちらも気象庁のデータを紹介させていただきます。

冬の平均気温例年画像(引用:https://tenki.jp/long/three_month/)

こちらは東京、仙台、札幌の旬ごとの平均気温の平年値です。

平年のデータで特に寒さの厳しい時期は、1月下旬の前後となっています。

2020年もこの時期がピークとなる見通しです。

2019〜2020年の寒さはいつからいつまで続く?

2019〜2020年の寒さはいつまで続くのでしょうか?

一般的に、人間が寒さを感じる温度は

  • 肌寒い温度:15℃から22℃
  • 寒いと感じる:8℃から14℃

となっています。

umi
umi
体系や代謝によっても差はありますが、大まかな目安はこんな感じだよ。

寒さを感じる気温の目安が分かったところで、先ほどのデータをもう一度見てみましょう。

冬の平均気温例年画像(引用:https://tenki.jp/long/three_month/)

ここから判断すると、平年の寒い時期は

  • いつから:10月下旬
  • いつまで:4月中旬

この頃と言えますね。

2019〜2020年は平年と同じか高めですので、寒さが続く期間は東京は11月上旬〜4月中旬くらいになりそうですね。

スポンサーリンク

2019〜2020年の冬の寒さの原因は?

寒い雪の画像

2019〜2020年の冬は暖冬になる可能性があると言われています。

2019年11月18日、気象庁より「異常天候早期警戒情報」が出されました。

11月24日頃から東北から沖縄・奄美まで、平年の気温より高くなる確率が高くなってます。

また、2019年9月25日発表の「寒候期予報」および気象庁の報道資料(PDF)でも、冬の気温は寒気の南下が弱いため、全国的に平年並か高くなる見通しと発表されていました。

また冬型の気圧配置は長続きしないため、北・東・西日本の日本海側の雪は平年並か少なくなる見通しということです。

楽天で防寒グッズを探す

2019〜2020年の寒さまとめ

2019〜2020年の寒さに関する話題をお届けしました。

平年に比べて気温が高い「暖冬」との予想も出ていますが、1月〜2月は厳しい寒さとなるでしょう。

寒さのピークや、寒さが続く期間については平年通りと予想されていますので、早め早めに対策をしながらこの冬を乗り越えていきましょう!

スポンサーリンク